はじめに

言語:
RX 7 Help Introduction Banner

New in RX 7.01

  • New Prevent Clipping Export Option: Predicts and prevents clipping when exporting to OGG & MP3 file formats.
  • Improved RX Connect ‘Send Back’ performance when using the RX Connect plug-in with Nuendo/Cubase.
  • Various bug fixes and improvements.


New in RX 7.00

リペア・アシスタントでインテリジェントな処理チェーンを構築


マルチチャンネルファイルの修復と編集

  • Multichannel Support(マルチチャンネル・サポート): RX 7オーディオエディターでは、最大10チャンネルのマルチチャンネルファイルの修復や編集ができます。お使いのDAWからRX 7 Connect 経由でRX7オーディオエディターへマルチチャンネルファイルを送信すると、編集とリペア作業の往復が完結します。[ADV]


ダイアログ録音のリバーブを減らし、イントネーションを補正


ステムなしでミックスのバランスを調整


ピッチ変動とタイミングの不一致を修復

  • Variable Pitch(可変ピッチ): 僅かなピッチ変動や時間と共に動くピッチを手早く修正します。Preserve Time(時間維持)モードの追加により、可変ピッチはこれまでのバージョンのRXに搭載されていたPitch Contour(ピッチ形成)モジュールの処理オプションを拡大した後継機能となりました。[STD & ADV]
  • Variable Time(可変時間): 選択範囲に対し、可変Radius時間ストレッチ処理を施すことで、タイミング補正や再生速度の問題解消が実現します。[STD & ADV]


新規RXプラグイン


RX 7での改善点と最適化