iZotopeと接続する

取り消し履歴

概要

Undo and Redoのコマンドに加えて、取り消し履歴で変更処理のタイムラインを確認、非破壊的に前の状態に戻ることがで きます。RXではこの取り消し履歴にすべての編集のログを保存しています。クリップ・ゲインは"Clip Gain”、モジュー ル・チェーンを使用した編集は"Module Chain"と、それぞれ取り消し履歴のリスト内に折りたたみリストで表示されます。

RX Undo History List

メモ

取り消し履歴内のアイテムをダブル・クリックすることで名前を変更できます。取り消し履歴は.rxdocのファイル形式で保 存できます。詳細はWorking with Files(ファイルの作業)をご覧ください。

履歴のエクスポート

“Export History"の機能でファイルのすべての取り消し履歴をXMLファイル形式で保存することができます。

情報共有やアーカイブ目的で、ファイルへ行われたすべての編集履歴が役に立つことが多くあります。ファイルの履歴がエ クスポートされたとき、以下の情報がXMLファイル内に保存されます。

  • RXのバージョン
  • 日時
  • 修正元ファイル
  • チャンネル数
  • サンプリング・レート/ビット・デプス
  • 編集履歴:パラメータと選択範囲