iZotopeと接続する

コンポジット表示

STD & ADV

概要

RXオーディオエディターのComposite Viewを使用してすべての有効になっているタブをひとつの"複合"タブにまとめ、複数 のファイルに対して同じ処理を同時に適用できます。Composite Viewは、スペクトル編集機能を繰り返し実行する時に役に 立つでしょう。

ワークフロー

Composite Viewモードは、Composite Viewボタンから入ります。

Enter Composite View button

Composite Viewでの作業が終わったら、Composite Viewボタンをもう一度押すと個別トラックへの作業を再開できます。

Exit Composite View button

重要な注意事項

  • Composite Viewは一括エディターとして設計されたものであり、ミックスでの使用を想定していません。 Composite Viewタブで一括表示できるファイル数は最大32までです。
  • Composite Viewはすべてのファイルが同じ始点を持つことを前提としています。

    Signal Generatorを使って無音を挿入する

    必要があれば、Signal Generator(シグナルジェネレータ)で無音を挿入するかか CompositeViewで開く前にファイルの時間を修正して、ファイルの始点を調整できます。

  • サンプルレート: Composite Viewを使用するにはすべてのファイルのサンプルレートを合わせる必要があります。

    Resampleモジュールでファイルをリサンプルする

    Resampleモジュールを使えば各ファイルのサンプルレートを揃えられます。

  • スペクトル表示: Composite Viewでのスペクトル/波形表示はコンポジット・タブにあるすべてのファイルを合算し たものです。各ファイルのものを表示するには、Composite Viewを解除してください。
  • 編集と処理: Composite Viewで行われた編集と処理はすべてのファイルに適用されます。
  • アンドゥ: Composite Viewで行った編集を個別のトラックで取り消すにはComposite Viewを解除してアンドゥ履歴か ら各ファイルにアンドゥを行います。
  • 再生: Composite Viewでの再生はすべてのファイルを合わせたものになります。
    • 各ファイル・タブのチャンネル選択状態はComposite Viewの再生や処理には考慮されません。
  • Composite Viewではマーカーとリージョンは非対応です。
  • Composite ViewではCompareを使用出来ません。
  • Composite ViewでのDe-bleed(被り除去)はお勧めいたしません。
  • Wow & FlutterはComposite Viewでは使用できません。
  • Loudness Control はComposite Viewでは使用できません。