iZotopeと接続する

Dialogue De-reverb(ダイアログ・リバーブ除去)

ADV

概要

ダイアログ用リバーブ除去は録音されたダイアログに混ざった不要なリバーブを効果的かつきれいに除去します。汎用性の あるリバーブ除去モジュールとは違い、ダイアログ用リバーブ除去は処理前にリバーブ・プロファイルの分析を必要としま せん。代わりに、入力信号のリバーブ成分とダイアログ成分の分離について習得した機械学習アルゴリズムを使用します。 ダイアログとリバーブ成分を分離すれば、ダイアログ信号のレベルを下げることなく、リバーブ信号を個別に調整すること ができます。

操作項目

以下のセクションでは分離されたリバーブのレベル、リバーブの検知感度、維持するバックグラウンド・ノイズの量、分離 アルゴリズムの動作を設定する項目について説明します。

Dialogue De-reverb module

Reduction(減少量)

分離されたリバーブ成分の信号に適用する減少量を負の値(dB)で調整します。

Sensitivity(感度)

分離アルゴリズムによってどの程度の入力信号をリバーブと識別するか設定します。

  • 値が低い場合 入力信号から、リバーブの成分として識別する音の定義を狭くするよう分離アルゴリズムに命令しま す。レンダリング後の信号に含まれるリバーブが残存する可能性がありますが、よりダイアログの明瞭さを維持できま す。
  • 値が高い場合 入力信号から、リバーブの成分として識別する音の定義を広くするよう分離アルゴリズムに命令しま す。より多くのリバーブを分離できますが、新たなアーティファクトやダイアログの明瞭さが失われる原因となる場合が あります。

Ambience Preservation(アンビエンスの保持)

処理後の出力に保持するバックグラウンド・ノイズの量を調整します。分離アルゴリズムによりリバーブとして検出された 信号には、バックグラウンド・ノイズやアンビエンスが入る場合があります。その結果、関係のないバックグラウンド・ノ イズまで除去してしまうこととなります。

  • 値が低い場合入力信号内のリバーブとバックグラウンド・ノイズの分離基準が緩くなります。そのため、関係のない バックグラウンド・ノイズまで除去してしまう恐れがあります。
  • 値が高い場合 入力信号内のリバーブとバックグラウンド・ノイズの分離基準が厳しくなるため、バックグラウン ド・ノイズがリバーブとして判断される可能性がより低くなりますが、本来不要なリバーブ成分までバックグラウン ド・ノイズとして識別されてしまう可能性があります。

Separation Algorithm(分離アルゴリズム)

ダイアログ用リバーブ除去モジュールには以下の分離アルゴリズムがあります。

Channel Independent(チャンネル独立式)

このモードを選択すると、分離アルゴリズムはそれぞれの入力チャンネルに独立してはたらきます。チャンネル独立式の モードは、分離アルゴリズムの中で最も速い処理が可能です。RXオーディオ・エディターでダイアログ用リバーブ除去モ ジュールを使用するときに最も効率的なリアル・タイム試聴と処理速度をもたらします。

Joint Channel(チャンネル連結式)

このモードを選択すると、ダイアログとリバーブ成分の区別を行う前に、入力信号へチャンネル連結処理を適用します。 チャンネル連結式モードはチャンネル独立式と比べると分離品質が高く、特にステレオ・ファイルの両方のチャンネルの類 似性が高い(または相関性が高い、強いステレオイメージ)場合、効果を発揮します。

Advanced Joint Channel(高度チャンネル連結式)

このモードを選択すると、ダイアログとリバーブ成分の区別を行う前に、入力信号へ通常のチャンネル連結処理に加えてさ らに高度な処理を適用します。高度チャンネル連結式は最も高い分離品質をもたらし、特に処理するファイルのサンプリン グ・レートが高いものであれば効果を発揮します。このモードでは他の2つのモードよりも処理時間が長くなります。処理 時間を節約するのであれば、分離品質は下がるものの、チャンネル独立式モードの方をお勧めします。

Preview(視聴)機能について

低音質プレビュー・モード

その他のRX 8オーディオ・エディターのモジュールと異なり、ダイアログ用リバーブ除去モジュールは低音質プレビュー・ モードで視聴を行います。詳細は低音質プレビュー・モードをご覧ください。

代替モジュール

より一般的な、ダイアログでないリバーブ除去については、De-reverb(リバーブ除去)モジュールを試し てみてください。