iZotopeと接続する

Ambience Match(アンビエンス・マッチ)

ADV
モジュール&プラグイン(Audiosuiteのみ)

概要

アンビエンス・マッチのモジュールにより異なる録音間のノイズ・フロアをマッチングさせます。例えば、ADRトラックの ライブ・セットのアンビエンスを再現することが可能です。

このモジュールはスペクトル・ノイズ除去機能のノイズ・プリント機能のように録音のノイズ・フロアー分析し、そのス ナップショットを作成します。そしてこのノイズ・プリントと同様のノイズを別の録音の上に生成することができます。

アンビエンス・マッチのアルゴリズムは選択範囲を分析し、無音を除外、そして信号間の最小公倍数(オーディオに広がる ノイズ)を見つけ、それをアンビエント・プロファイルとして扱います。

Ambience Match user interface

ワークフロー

RXオーディオ・エディターでアンビエンス・マッチ・モジュールを使用する

アンビエンス・マッチの分析には、未加工のノイズを用います。もし未加工のノイズがなく、時間を節約したい場合は、話 し声でも代用できます。アルゴリズムにより、声音が的確に切り取られ、ノイズ・プリントにノイズ音声のみが残ります。

選択範囲間のアンビエンスをマッチングするには:

  1. モジュール・リストからアンビエンス・マッチ・モジュールを開きます。
  2. ファイルから範囲選択します。
  3. “Learn"をクリックします。
  4. 他の範囲を選択します。
  5. トリム・レベルを調整します。トリム・レベルを操作することで生成するアンビエンスのレベルを調整します。
  6. 選択範囲を最初の範囲選択のアンビエンスとだけ入れ替える場合は"Output Ambience Only"を選択します。
  7. “Render"をクリックします。

メモ

アンビエンス・マッチ・モジュールでは選択範囲に存在するアンビエンス量を減らすことはできず、増やすことだけが可能 です。アンビエンスを減らす場合は、Spectral De-noise(スペクトル・ノイズ除去) モジュールを使ってください。

アンビエンス・マッチのプリセットを作成する:

  1. アンビエンス・マッチの、プリセットのドロップダウン・メニューの横にある歯車のアイコンをクリックします。
  2. “Add Preset"を選択します。
  3. 新しいプリセット名を入力します。
  4. Enterを押します。

AudioSuiteプラグインとしてアンビエンス・マッチを使用する

アンビエンス・マッチはRXオーディオ・エディター内で使用するほか、AvidのPro ToolsやMedia Composer内でAudioSuite プラグインとして使用することができます。

Pro ToolsまたはMedia Composerでアンビエンス・マッチを使用するときは、選択範囲、またはハンドル内にフェードが存 在するオーディオを分析することはお勧めしません。アンビエンス・マッチは信号間の最小公倍数からアンビエント・プロ フィールを生成するため、フェードが存在するとノイズ・フロアの検知に一貫性がなくなる可能性があります。クリップご とのモードでアンビエンス・マッチを使用すると、ハンドルは保持されます。

フェードを含むファイルでアンビエンス・マッチの分析を行う注意点

Pro Toolsを使用する場合、フェードにディザリングを追加したことで結果に一貫性がなくなる場合があります。これは セッションのビット深度によって異なります。このディザリング・ノイズはほぼ確実に音声のノイズ・プロファイルと適合 しないため、これによりマッチングの結果が不安定になります。16ビットでセッションを実行している場合、フェードに よって追加されたディザーは検出アルゴリズムに多大に影響を与えます。この問題は24または32ビットではあまり発生しま せん。セッションのビット数を調整するには、Pro ToolsのSetup > Sessionに進みます。