iZotopeと接続する

De-wind(風音除去)

ADV

概要

風音除去機能は比較的穏やかな風によるバーストがマイクのダイアフラムと接触したときに発生しうる、断続的な低周波ラ ンブルを除去します。風音除去機能は信号を歪ませるほどの強風によるバーストを除去するようには設計されていません。

操作項目

De-wind Module Interface

Reduction(除去率)

風音の除去強さと原音信号を保持するバランスを設定します。

Crossover Frequency(クロスオーバー周波数)

風音除去アルゴリズムの周波数の上限を設定します。

Fundamental Recovery(基本周波数の修復率)

風音によって失われた、または遮られた低域ハーモニクスの再生成を行います。

Artifact Smoothing(アーティファクト平滑化)

FFT処理の特性による"音楽的ノイズ"の減少、除去に役立ちます。音楽的ノイズとは水中で発せられるような音と説明でき ます。出力から水のような音が生じる場合はこのスライダーを上げ、処理のかかりすぎで音がぼやける場合は下げてくださ い。

FFTとは

Fast Fourier Transform(高速フーリエ変換) 信号周波数スペクトラムの計算処理のことです。FFTサイズが大きいほ ど周波数の解像度は高く、すなわち、ノートとトーン・イベントが明瞭になります。ただしFFTを使用する場合、ソースか ら削除する音が多くなるほど不要なノイズを生み出す可能性があります。

ヒント

風音除去モジュールを使う状況

風音除去モジュールはバックグラウンドに聞こえる一定した風音ノイズではなく、前面に聞こえる断続的な風の音(例え ば、風のバーストが定期的にマイクのダイアフラムと接触しているときの音声)の除去に最適です。

風音除去アルゴリズムは録音されたノイズ・フロアがどのように経時的に変化していくかの情報を保持します。特に、風の バーストがマイクのダイアフラムに接触したときのノイズ特性である、ノイズ・フロアの変化を検出します。風音が音声内 に一定またはバッググラウンドに乗っているような状態だと、必要なノイズ・フロアと判断されて除去の対象にはならず、 保持されます。

代替モジュール

一定またはバックグラウンドに乗っている風音には以下の方法、モジュールをお試しください。