iZotopeと接続する

各種ツール

概要

スペクトル/波形画面の下にはオーディオを扱う際に使用するオプションを揃えたツールバーがあります。このツールバー は、ナビゲーション、インスタント・プロセス、そして範囲選択の3つのカテゴリーに分類されています。

Toolbar Below Spectrogram

ズーム・ツール

波形とスペクトル表示に水平垂直のズーム操作ができます。

ズーム選択ツール

RXオーディオ・エディターでは以下のズーム選択ツールが使用できます。

Zoom tools
  • ズーム・イン: 時間目盛を拡大表示します。
  • ズーム・アウト 時間目盛を縮小表示します。
  • 選択範囲にズーム 選択範囲の全体が表示されるようにズームを行います。
  • ファイル全体にズーム 時間と周波数目盛のズーム・レベルをデフォルトに戻します。
  • ズーム・ツール 有効時、時間、時間-周波数、または周波数の選択ツールを使うときにズーム・レベルを選択範囲に 同期させます。

ズーム・スライダー

Zoom sliders

振幅目盛のズーム・スライダー

スペクトル/波形画面の右下隅にある垂直のスライダーでスペクトルまたは波形の振幅目盛のズーム・レベルを調整しま す。垂直のスライダーの上にあるボタンでどちらの目盛を操作するか選択します。

時間目盛のズーム・スライダー

スペクトル/波形画面の右下隅にある水平のスライダーで時間目盛のズーム・レベルを調整します。

ナビゲーション・ツール

グラブ&ドラッグ・ツール

Grab and Drag Tool

ズーム・インを行っているとき、グラブ&ドラッグツール(Gキーで使用)を使用してスペクトルをクリック、ドラッグす ることで時間軸上の移動ができます。

目盛のドラッグまたはマウス・ホイールの使用

  • スペクトル画面の右、下にあるメモリはクリック、ドラッグすることで表示位置を変更することができ、異なる時幅、振 幅幅、または周波数帯を表示できます。
  • 加えて、表示幅はマウス・ホイールで調整することも可能です。目盛の上にカーソルを合わせてマウス・ホイールを動か すだけで目盛のズーム調整ができます。
  • 目盛の表示幅をデフォルトに戻す場合は、目盛をダブル・クリックしてください。

メモ

メイン画面のズーム時、すべての有効となっている選択範囲はそのまま維持されます。

チャンネル・セレクター

チャンネル・セレクターはファイルをロードしたとき、スペクトル/波形画面の左側に表示されます。チャンネル・セレク ターのボタンをクリックする事で個別にチャンネルを有効または無効にすることができます。無効となっているチャンネル は再生、範囲選択、処理から除外されます。

  • すべてのチャンネルが有効のとき、チャンネルを一度クリックするとそれだけを有効にし、それ以外のチャンネルを無効 にします。
  • 何らかのチャンネルが無効の場合、無効のチャンネルを一度クリックすることで他の有効無効状態に関係なく、そのチャ ンネルを有効にします。
  • すべてのチャンネルが無効のとき、任意のチャンネルをダブル・クリックすると素早くすべてのチャンネルを有効にしま す。

キーボード・ショートカット:ステレオ・ファイルのチャンネル・セレクター

  • 左チャンネルのみ選択:Command+Shift+L(Mac)またはCtrl+Shift+L(Windows)
  • 右チャンネルのみ選択:Command+Shift+R(Mac)またはCtrl+Shift+R(Windows)
  • 両チャンネルを選択:Command+Shift+B(Mac)またはCtrl+Shift+B(Windows)
  • これらのコマンドはステレオ・ファイルにのみ有効です。2つ以上のチャンネルを持つファイルには使用できません

チャンネル順列(マルチ・チャンネル)

マルチ・チャンネルのファイルに作業を行うとき、チャンネル・セレクターのラベルの順番は時間目盛を右クリックするか 時間表示形式画面の右にある矢印をクリックする事で設定することができます。チャンネル順列のオプションは有効となっ ているファイル・タブにあるチャンネルの数によって変わります。“Discrete”(個別)オプションを使うとすべてのチャン ネルを"M”(モノラル)としてラベリングします。

インスタント・プロセス

インスタント・プロセス(Iキーで使用)で選択ツールの内容を改変します。インスタント・プロセスはRX Standardか Advancedでのみ使用できます。

Instant Process

インスタント・プロセスが有効のとき、新しく選択した範囲をインスタント・プロセス・メニューで選択したモジュールで 速やかに処理します。インスタント・プロセスで適用したモジュール設定は選択したモジュールの現在の設定に反映されま す。

インスタント・プロセスが無効のとき、処理、編集、選択ツールは通常どおりに機能します。

メモ

インスタント・プロセスを使用しているときにShiftを押したままにすると、追加で範囲選択が行えます。Shiftを離すと、 処理が行われます。これはマジック・ワンドを使って追加でハーモニクスを選択する場合などに大変便利です。範囲選択を やり直したい場合、同時にAltを押したままにすると、新しく選択しなおします。Shiftを離すと、処理が行われます。

インスタント・プロセスには複数の異なるモードをドロップダウン・メニューから変更できます。これによりモジュール、 タブに存在する設定の処理を即座に行えます。通常デフォルトの設定で行いますが、モジュールで設定が変更されている と、インスタント・プロセスでもその設定による処理を適用します。以下のモードが使用できます。

インスタント・プロセス:減衰

このモードはSpectral Repair(スペクトル修復)の"Attenuate”(減衰)の有効な設定を素早く適 用します。これはスペクトル内で、完全に削除したくないものの周囲のオーディオに溶け込んで見えにくくなってしまって いる問題箇所がある場合は特に便利です。

インスタント・プロセス:クリック除去

De-click(クリック除去)またはInterpolate(補間)モジュールの有効設定を適用しま す。クリック除去のインスタント・プロセスは選択範囲のすべてのクリックを自動的に除去するため、ダイアログのファイ ルの編集やサンプル・レートのずれによって発生したクリック、ポップ、レコードのクリックの除去に、特に便利です。

選択範囲の長さが4000サンプルを下回る場合、このモードでは自動的にインターポレートのアルゴリズムが適用されます。 4000サンプルを超過している場合はクリック除去モジュールの設定が適用されます。クリック除去モジュールは4000サンプ ル以上のサイズの選択範囲にはたらき、オーディオに混ざったクリックを検知し、的確に分離、除去します。自動除去に効 果的であり、他方で、4000サンプル以下の素材に対してはインターポレートの設定値が有効であると考えられます。選択範 囲の長さが4000サンプル未満の場合の、限られた選択範囲内のクリックは、インターポレートで周囲のオーディオから取得 したオーディオ情報によて選択箇所を補間します。

インスタント・プロセス:フェード

このモードはFade(フェード)モジュールの有効な設定を素早く適用します。これは複数のオーディオ・ファイ ルの変わり目、繋ぎの編集を行うのに大変便利です。また、特定のハーモニクスやオーディオのイベントなど、オーディオ のボリュームを変更することなく限られた帯域にフェード・インを行うときに便利です。

インスタント・プロセス:ゲイン

このモードはGain(ゲイン)モジュールの有効な設定を素早く適用します。特定のオーディオ・イベントのボ リュームを上げ下げしたい場合、その箇所を塗りつぶすことで素早くゲイン調整を行えます。全体のボリューム調整は、ク リップ・ゲインの線を使います。(Cmd+G(Mac)/Ctrl+G(Win))

インスタント・プロセス:置き換え

このモードはSpectral Repair(スペクトル修復)の"Replace"タブの有効な設定を素早く適用しま す。これはスペクトル内で発見した問題箇所を完全に除去するのに大変便利です。それには選択範囲の周囲にあるオーディ オ情報を使って的確に空白を補間します。

選択ツール

RXオーディオ・エディターでは以下の選択ツールが利用可能です。

アイコン 名前 概要
Time selection tool
時間選択ツール [T] プロジェクト内の時間軸上での範囲選択を行います。(スペクトルでは水平方向)
Time-Freq selection tool
時間-周波数選択ツール [R] スペクトル画面で時間と周波数の両方を長方形で範囲選択します。
Freq selection tool
周波数範囲選択ツール [F] スペクトル内周波数帯の範囲選択を行います。(スペクトルでは水平方向)
Lasso selection tool
なげなわ選択ツール [L] スペクトル上でカーソルを使用して自由な形状の範囲選択を行います。
Brush selection tool
ブラシ選択ツール [B] 設定したブラシ幅でスペクトル上の時間と周波数に対し自由な形状の範囲選択を行います。ブラシのサイズの設定は、ブラシ・ツールのアイコンをクリックして長押しすることで変更ができます。Draw a free-form selection using a defined brush size in time and frequency in RX’s spectrogram. The size of the Brush Selection tool can be adjusted by clicking and holding on the Brush Tool icon.

メモ

ブラシ・ツールを選択したらCtrl/Commandを押しながらマウス・ホイールを動かすことでブラシのサイズを変更できます

Magic Wand selection tool
マジック・ワンド選択ツール [W] 音声の周囲にある類似のハーモニクス成分を自動的に選択します。マジック・ワンドを選択中にスペクトルをクリックするとカーソルの下にある最も顕著な音声が選択されます。マジック・ワンドのツールで選択中の範囲をクリックすると、選択範囲内の倍音ハーモニクスやそれに関連するオーディオ成分を自動的に選択します。

メモ

はじめにブラシやなげなわツールを使っておおまかな範囲選択を行ってからマジック・ワンドで関連するハーモニクスを含めるように選択することができます。

Harmonic selection tool
ハーモニクス選択ツール [Shift+Cmd+H / Shift+Ctrl+H] 選択範囲の上にあるハーモニクスをさらに範囲選択します。まず基本となるオーディオの周波数を選択してからこのツールを使用し、ハーモニクスの選択、または除外した上で信号を処理します。

クリップ・ゲインの表示

クリップ・ゲインのオーバーレイ曲線を素早く有効/無効にします。

Show/hide Clip Gain curve

範囲選択中の修飾キー

[Shift] - 選択範囲の追加

範囲選択をしてからShiftを押しっぱなしにすると追加選択、範囲の分離を行います。もし新しい選択範囲が他の箇所と重 なった場合、選択範囲は1つにグループ化されます。 これは複数の範囲選択ツールを組み合わせて様々な大きさや形状の範囲選択を行うのに非常に強力です。

Spectrogram with Rectangular and Freeform Selections

異なる選択ツールとShiftキーを使った複数範囲の選択モードです。s

[Alt/Option] - 選択範囲から除外

範囲選択をしてからAlt/Optionを押しっぱなしにすると選択ツールで現在の選択範囲の一部を除外することができます。こ れはなげなわやブラシのツールによって、選択範囲の一部を編集、微調整することができるため大変便利です。

また、これは複雑になった自由選択範囲を微調整するのにも便利です。まずなげなわ、ブラシ、あるいはマジック・ワンド で範囲選択を行い、Altを押しながら時間、周波数、または時間-周波数ツールを使用することで範囲全体を除外します。

Alt/Optionを押しっぱなしにすると効果的にブラシ・ツールを選択範囲の消しゴムへと変え、広範囲での選択範囲の修正が 行えるようになります。そしてなげなわはエグザクト・ナイフに変わり、詳細な選択範囲の修正が行えるようになります。

Spectrogram with Subtracted Selections

Altキーを使って選択範囲を完璧に微調整します。

取り消し履歴に範囲選択の状態をリンクする

Cmd+Z/Ctrl+Zを使えば特定の処理を元に戻してオーディオの選択範囲を処理を行う前の状態に戻すことができます。この機 能を使えるようにするには、RXのPreferences > Miscのメニューにある"Store Selections with Undo History”(取り消し 履歴と範囲を保存)が有効になっているか確認してください。

[Ctrl/Cmd] - 選択範囲を変えずにプレイヘッドを動かす

Ctrl/Cmdを押しっぱなしにするとオーディオの現在の選択範囲を変えずにトランスポートのプレイヘッドを動かします。こ れは選択範囲を変えなくても、特定の選択範囲の試聴や複数のオーディオの比較ができるため大変便利です。

[マウス・オーバー] - 選択範囲のグラブ&ドラッグ

何らかのRXのツールを使ってオーディオの一部を選択した後、マウスを任意の選択範囲の上に重ねると、グラブ&ドラッグ を行う手のカーソルが自動的に表示され、選択範囲の位置を変更することができます。