iZotopeと接続する

イコライザー(EQ)

STD & ADV

概要

RXには自由自在な6つのノッチ/シェルビング・フィルターと2つのバンドパス・フィルターを選択できる、8つのバンドのパ ラメトリック・イコライザー(以下、EQ)を搭載しています。このEQモジュールはファイル全体や選択範囲の音を手動で形 成し、音の補正と強調、両方の目的で役立てることができます。これには調整可能な6基のノッチフィルターとローパス/ハ イパスフィルターが付いております。また、RXのEQは従来のものを超える、非常に高いQ値の設定ができることからより微 細なフィルタリングを実現します。

EQ操作は多くの場合、修正の初期段階に行う作業として採用され、耳障りな高音、ダイアログからのランブル、野外録音に 混ざった高音域の風音、声の明瞭度を上げるために倍音の歪みを除去できます。

操作項目

EQ Module Interface

EQ TYPE(EQの種類)

  • Analog (IIR)(アナログ(IIR)) アナログ風のEQカーブを持つ最小位相のEQです。
  • Digital Linear Phase (FIR)(デジタル・リニア位相(FIR)): 精確なEQカーブを持つリニア位相EQです。

FREQUENCY PRECISION(周波数精密度)

周波数解像度と時間解像度の対比に関係するFIRフィルターのための帯域数を操作します。数値が低いほど周波数解像度は 増加し、よりタイトなカットできるようになりますが、フィルター・リンギングが発生する可能性が高まります。

周波数とゲイン

帯域の周波数やゲインは、操作点をクリック、ドラッグすることで調整できます。 このフィルターはクリック、ドラッグすることで複数選択し、グループ単位で操作することが可能です。

Q/帯域幅

バンドの端にあるブラケット・ハンドルにマウス・カーソルを合わせ、ドラッグすることでQの値や帯域幅を調整できま す。また、マウス・ホイールを動かして選択したフィルターのQを調整することもできます。

より詳しい情報

EQ操作点のインタラクション

EQカーブを調整するには、EQの操作点をグリッド内の新しい場所にドラッグします。操作点が選択されているとき、その両 側にハンドルが表示され、操作点の帯域幅を操作することができます。また、メインEQグリッドの下にある表に値を入力し て、細かくEQの設定を行うこともできます。

アナログとデジタルのEQタイプの使い分け

これらのモードを切り替えて使用するには相応の理由があります。アナログモードはデジタルIIRフィルターとして作動す るアナログ・イコライザーを基にした曲線形状を使用します。こちらを選択する理由の一つして、高いQ値における弊社の デジタル・イコライザーの形状と比較すると、アナログ・モードのベル形状のほうが狭いことが挙げられます。これらの形 状は最小位相であるため、プリ・エコーが発生しません。また、これらはアナログ設計に則しているため、アナログ・イコ ライザーの動作を再現しつつ、アナログ・イコライザーにより生じるダメージを抑制することができます。

デジタルモードではFIRフィルターとして動作する特別な曲線形状により、自由自在な形成による音声の修正が可能です。 これらの形状はアナログの形状とは異なり、正確に定義された周波数帯のみに影響を及ぼします。デジタル・モードはリニ ア位相であるため、位相シフトは発生しません。

EQ curve display & EQ Type(EQ曲線の表示とEQタイプ)

アナログとデジタルのモードを切り替えると、ベル・フィルターの形状が異なっていることが視認できます。アナログ・ モードではアナログ回路による伝統的な形状が再現されている一方、デジタル・モードでは iZotopeの設計した特別なフィ ルターが採用されています。これらフィルターの形状は似通っておりますが、完全に同一ではありません。

Composite EQ Curve Display(EQのコンポジット・カーブの表示)

各バンドを調節すると2種類のEQ曲線が表示されます。白線はすべてのバンドのEQ曲線合わせて表示したもので、操作点と 同じ色の線は選択したバンドのEQ曲線を表示してします。