はじめに

言語:

Ozone 8 Intro image

Ozone 8の新機能

マスターアシスタントで音楽制作の作業開始点を作成

  • Master Assistant(マスターアシスタント): イコライザー、マキシマイザー、ダイナミクス、そしてダイナミックEQを使用するマスタリングの作業開始点を作り出すインテリジェントな処理機能。

音楽の比較と対比が簡単に

  • Track Referencing(トラックリファレンス機能): 強化されたワークフローにより、Ozoneインターフェースから離れることなく、自身の音楽と商用トラックの視覚的かつ聴覚的な比較が簡単に実現。

マスタリング向けのフルレンジスペクトラル成形技術

  • Spectral Shaper(スペクトラル成形): iZotopeのスペクトラル成形技術により、高域を和らげて耳障りな音質が一掃できるほか、あらゆる周波数帯の音質成形が可能に。

音楽の音的バランスを視覚化してコントロール

  • Tonal Balance Control(トーナルバランスコントロール): OzoneとNeutronのイコライザーの全ての操作項目にリモートでアクセス。低域のダイナミクスレンジを視認。カスタムトラックをインポートし、専用のターゲットを作成。

OZONE 8に含まれる改善と最適化

  • Maximizer(マキシマイザー):
    • 新IRC LL(低レーテンシー)モード。
    • 進化したIRC IVモダン及びトランジエントモード。
    • スレッシュホルド操作に対する分析機能を新たに搭載。
    • “トランジエント”と“サステイン”の信号成分を個別にステレオ検知することでステレオイメージの操作が大幅に向上。
  • Exciter(エキサイター): マルチバンドエキサイターで任意の帯域にあらゆるサチュレーションタイプをアサイン。
  • Vintage Compressor(ビンテージコンプレッサー): 進化した衝撃特性と音質。
  • Vintage Tape(ビンテージテープ): 新機軸、7.5 IPS設定がビンテージテープモジュールのノンリニア式サチュレーションモードとして搭載され、低中域に特化したことで、音楽に厚みと温かみを加えるのに完璧なツールとして進化。