ユーザーガイド: Amazon出品サービス - ファイル送信ツール

利用条件

本ツールの使用者は、使用に先立って以下の事項に承諾したものとします。もし承諾いただけない場合は、本ツールの使用はご遠慮ください。

  1. 本ツールは現状のまま無保証、無サポートにて提供されます。使用者は自己の責任の下、本ツールを使用します。
  2. 本ツールを使用したことによる使用者の損害または損失について、開発者および提供者はいかなる責任も負いません。
  3. 本ツールの使い方や不具合についての質問には、開発者および提供者は回答の義務を負いません。

目次

  1. はじめに
  2. インストールの手順
  3. ツールの設定
  4. ツールの使い方
  5. ダウンロード

はじめに

ファイル送信ツールについて

本ツールは、出品者様がAmazon出品サービスで使用する様々なファイルを、簡単な手順でセラーセントラルに送信できるツールです。送信できるファイルの種類には、出品、在庫管理、注文関連、FBA納品などのファイルなどがあります。

本ツールの主な機能は以下のとおりです。

インストールの手順

システム要件

本ツールを利用するためには以下が必要です。

Amazon MWS アカウントの登録

Amazon MWSアカウントをお持ちで無い場合は、事前にAmazon MWSのサイトでアカウント登録を行います。詳しい登録手順については、Amazon出品大学の講座「MWSツールを使うメリットとその準備」をご覧ください。

本ツールでは以下の情報を利用します。アカウント登録時に、安全な場所に記録しておくことをおすすめします。

インストール

Microsoft Windowsの場合

  1. 本ツールのインストーラーAmazonFeederSetup.exeをダウンロードする
  2. インストーラーを実行し案内に従う
  3. C:¥Users¥ユーザー名¥AppData¥Local¥Amazon Feederフォルダーにツールがインストールされる(インストール先を変更しなかった場合)

Mac OS Xの場合

  1. 本ツールの配布ディスクイメージAmazonファイル送信.dmgをダウンロードする
  2. ディスクイメージをダブルクリックしドライブをマウントする
  3. ドライブを開き、Amazonファイル送信.appをアプリケーションフォルダーにコピーする

アンインストール

Microsoft Windowsの場合

  1. コントロールパネルの「プログラムと機能」を開く
  2. Amazonファイル送信を選択する
  3. アンインストールをクリックする

Mac OS Xの場合

  1. Amazonファイル送信.appをゴミ箱に捨てる

ツールの設定

初めての利用の際に

初めて本ツールを使う場合、本ツールの利用条件が提示されます(本ガイドの冒頭に記載されているものと同じ内容です)。内容に承諾いただくと、「Amazon MWSアカウント情報」の設定画面が表示されます。

承諾しない場合、ツールは終了します。


Amazon MWSアカウント情報の設定

本ツールは内部でAmazon MWSを用いて、インターネット経由でセラーセントラルとデータ通信を行います。正しく通信を行うために、以下の情報を正確に設定してください。

  1. 出品者ID
  2. AWSアクセスキーID
  3. 秘密キー ... 入力値は表示されないため、コピー&ペーストすることをおすすめします
  4. 販売事業者名 ... 任意入力です(空欄で構いません)
  5. ... 通常は「日本」を選びます

必要項目を入力後、保存をクリックします。正常にセラーセントラルに接続できることが確認できると、ツールのメイン画面が表示されます。エラーが表示された場合は、もう一度アカウント情報を入力し、保存します。4回試しても接続が確認できない場合、ツールは終了します。

プロキシアクセスについて

インターネット経由でデータ通信を行う際に、プロキシアクセスという仕組が必要な場合があります。多くの場合この設定は不要ですが、ツールが正常に動作しない場合は、プロキシアクセスを試してください。それぞれの設定値は、ネットワーク管理者までご確認ください。

  1. ホスト名
  2. ポート番号
  3. ユーザー名
  4. パスワード

Amazon MWSアカウント情報の確認方法

既にAmazon MWSアカウントを持っている場合、その情報を利用することができます。改めてAmazon MWSアカウントを登録する必要はありません。次の手順で、既存のアカウント情報をセラーセントラルで確認することができます。

  1. セラーセントラルにログインする
  2. 「設定」 > 「ユーザー権限」をクリックする
  3. Amazon MWS 開発者権限セクションのアカウント情報欄に、出品者IDが表示される
  4. 「現在の権限」の表から、(出品者本人)と記載された行を探す
  5. 右端の「認証情報を表示」をクリックする
  6. AWSアクセスキーIDが表示される
  7. 秘密キーの「表示」をクリックすると、秘密キーが表示される

注意:秘密キーはセキュリティ上、大変重要なデータです。原則、第三者に開示・提供する必要はありません。

ツールの使い方

メイン画面(起動直後)

main tool UI
  • 最新100件の送信結果が自動表示されます

メイン画面(ファイル指定時)

main tool UI
  • 送信ファイルを指定すると、ファイル種類の選択メニューと「ファイルを送信」ボタンが表示されます

ファイルを送信する

セラーセントラルに送信したいファイルをツール上にドラッグ&ドロップするか、「ファイルを選択」から指定します。ファイルの種類が特定できる場合は、その種類が自動的に表示されます。「ファイルを送信」をクリックし、ファイルをセラーセントラルに送信します。

注意: ファイル種類を正しく判定できない場合があります。その場合は、適切な種類を手動で指定した上で、ファイルを送信します。

ファイルの送信後、そのファイル送信IDがファイル送信結果リストに追加されます。画面右下の「ファイル送信結果を更新」をクリックする度に、最新のステータスが表示されます。送信したファイルがセラーセントラルで処理されると、ステータスが「完了」に変わります。

送信できるファイルの種類

本ツールではテキスト形式(タブ区切り形式で保存されたファイル、一般的な拡張子は .txt)とXML形式のデータファイル送信することができます。セラーセントラルで利用できるデータファイルのうち、本ツールでは下の表に掲載されているファイルを送信することができます。

ヒント:テキスト形式の代わりにExcel形式のファイルを送ることもできます。タブ区切りによる保存の手順を省くことができるので便利です。ただし現バージョンではファイル種別が自動判別されないため、毎回手動でファイル種別を指定する必要があります。

送信可能ファイル一覧
形式種類
テキスト (Excel)カテゴリー別在庫ファイル/出品ファイル(L)/数量変更ファイル(汎用版)
価格と数量変更ファイル
注文のキャンセルファイル
出荷通知ファイル
注文修正ファイル
出品ファイル(I)
ミュージックの商品登録ファイル
FBA納品作成ファイル
FBA納品更新ファイル
XML商品
価格
在庫
関係性
画像
商品配送料上書き
注文確認
フルフィルメント(出荷通知)
注文修正
単一フォーマット商品(ITEM)
FBAマルチチャネル フルフィルメント
FBAマルチチャネル キャンセル

ファイル種類を選択している様子

  • ファイル種類を選択するメニューは、送信ファイルを指定した場合に表示されます
  • ファイルの種名にはTXTもしくはXMLいずれかの接頭辞が付きます。TXTはテキスト形式、XMLはXML形式を表します。
  • Excel形式のファイルを送る場合は、TXTが付く選択肢から種別を選びます。


処理レポートを表示する

ステータスが「完了」になると、その処理レポートの内容を確認できるようになります。確認したい「ファイル送信ID」をクリックすると右図のように処理レポートが表示されます。「クリップボードにコピー」ボタンをクリックすると、レポートの内容がコンピューターのクリップボードにコピーされます。別のツール(メールなど)に内容をペーストすることで、簡単に処理結果をコピー&ペーストすることができます。

Showing Processing Report

ユーザーガイドを表示する

本ユーザーガイドは「ユーザーガイドを表示...」をクリックすることで閲覧可能です。既定のブラウザーでユーザーガイドが表示されます。

Amazon MWSアカウント情報を設定する

Amazon MWSアカウントの設定を変更するには、「Amazon MWSアカウント情報...」をクリックします。

ファイル送信結果を更新する

最新のファイルの処理ステータスを確認するには、「ファイル送信結果を更新」をクリックします。

ダウンロード

本ツールは以下のリンクよりダウンロードすることができます。現在のバージョンは 1.0.0 です(2016年6月30日現在)。